虫歯から脳出血になる可能性があるらしいことが判明

虫歯から脳出血になる可能性があるらしいことが判明

2016年2月5日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された国立循環器病研究センター(国循)の論文で、ミュータンス菌という虫歯の原因菌が脳内で炎症を起こし、脳出血の発症に関与していることがわかった。

 

国循の殿村修一医師は「病原性の高い細菌を選んでなくす方法を確立できれば、脳出血の予防につながる可能性がある」と話している。

 

研究グループは国循に入院した脳卒中患者1000人から唾液を採取、中に含まれるミュータンス菌を培養。

 

このうちコラーゲンと結合して止血作用を阻害する性質を持つ「cnm遺伝子保有株」が検出された患者は、脳出血の発症可能性が他の患者の約4倍あったという。

 

また、MRIで確認できる微小な脳出血の跡も見られた。

 

 

これって要するに虫歯を放置しておくと、脳出血を引き起こす確率が大幅に上がるってことですよね。

 

脳出血や脳卒中は高血圧でなければ大丈夫だと思ってる人が多いと思うんですが、これを聞くと必ずしもそうではないようです。

 

虫歯菌からいろんな病気を引き起こすことは一般的にも言われますが、脳出血はちょっと怖いですね。

 

歯のケアをおこたらないよう気をつけましょう。

関連ページ

小保方さんは脅迫されていた?笹井教授の死と科学界の闇
世の中の旬な話題、気になったネタなどについて紹介
あの小保方さんが手記を出版するらしい
世の中の旬な話題、気になったネタなどについて紹介